アウトソーシングとは

アウトソーシング(請負業務)とは、「今まで社内ですべて処理していた業務の一部、または全部を外部に委託する業務形態」です。

人材派遣と大変よく似ており、戦略的に専門企業に外部委託する事です。

外注や下請けとの違いは、専門的技術、ノウハウの活用といった、戦略的目的を持って行なわれているところです。

現在では、大手メーカーなど生産分野を始め、幅広い分野で活用されています。

アウトソーシングのメリット

■過剰雇用のリスクを回避

■コストの削減、労務工数の低減

■業務のスピード化

■募集経費を大幅に軽減・設備稼働率の向上

アウトソーシングのサービス内容

■内職業務
■清掃、ベッドメイク
■荷役業務(仕分け、ピッキング等)
■梱包業務(破損防止や防湿等を施す梱包)
■検品業務(品質チェック、破損チェック、数量確認等)
■流通加工業務(ラベリング、詰合わせ等)

派遣とアウトソーシング(請負)の違い

一番大きな違いは指揮命令関係の所在です。
派遣は、作業指示・指導・教育は派遣先企業の指揮命令者が行います。
アウトソーシング(請負)は、作業指示・指導・教育は雇用主(請負元)が行い企業からの指揮命令はありません。

アウトソーシングの導入の流れ

お気軽にお問い合わせください。076-464-6645受付時間 10:00 - 17:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。