人材派遣とは

人材派遣とは、人材サービスの一つで自社の雇用する社員を派遣することで利益を得る仕組みです。

まず、人材派遣を行う「人材派遣会社」と企業へ派遣される「派遣スタッフ」が雇用契約を結びます。

そして、人材派遣会社は、人材を必要としている企業に対し“自社のスタッフ”を派遣します。

派遣先企業(スタッフを派遣してもらっている企業)は、その対価として人材派遣会社に料金を支払い、

人材派遣会社はこの料金の中から、派遣スタッフの給料を支払うという流れです。

ちなみに、人材派遣を行うためには、厚生労働省から「労働者派遣事業」の許可を得る必要があります。

人材派遣2つの形態について

一般派遣

一般派遣は、人材派遣会社と労働者間で雇用関係を結び、労働者を派遣先企業へ派遣する手法です。

派遣期間が満了した時点で派遣スタッフ、派遣された会社側のいずれか、もしくは両方が契約を延長しなければ、

契約関係が終了し派遣先契約は終了します。

紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、派遣先企業で一定期間就業した後、派遣先企業の社員(直接雇用)になることを前提とした派遣手法です。

派遣期間は最長で6か月間となり、6か月の経過後労働者と派遣先企業が合意すれば、その後の雇用は人材派遣会社から派遣先企業へと移ります。

人材紹介とは

人材紹介とは、人材サービスの一つで人材採用を検討している企業に対して候補者を紹介し、利益を得る仕組みです。

人材紹介会社は、「仕事を探している」、「転職を考えている」という方と接点を作り、個人情報、経歴や転職先として

希望する業種・職種、待遇といった様々な情報を得ます。

そして、紹介先企業(人材の採用を考えている企業)と人材紹介会社が紹介契約を結ぶと、採用したい人材と合う方を紹介し、

紹介先企業は選考を行います。

その後、転職希望者と紹介先企業が合意し雇用することになった場合、人材紹介会社に対して、紹介料を支払うという流れです。

人材派遣の場合と同様、人材紹介を行う場合も厚生労働省の許可を得る必要があります。

派遣のメリット

自由度が高い

派遣には、自分の希望する条件で働けるというメリットがあります。

求めるライフスタイルに合致する職種、勤務時間、勤務地などの条件を設定し、仕事を探せます。

直接雇用の正社員と違って派遣の仕事内容は契約によって定められるので、契約以外の仕事は基本的に発生しません。

「子育てのために自宅の近くで働きたい」といった要望がある場合、理想的な働き方がしやすいでしょう。

様々な経験を積める

いろいろな企業や職場を経験してスキルアップできるのも派遣のメリットです。

一つの企業にずっと勤めていると他社の様子が分かりませんが、派遣はベンチャー企業から大手企業まで様々な職場を体験できるチャンスがあります。正社員として入社するのは難しい会社でも経験を積める可能性があります。

また、同じ職種でも働き方は企業によって異なるため、複数の企業で働くことで自分の能力や技術に磨きをかけることができます。

仕事を選ぶことができる

キャリアを活かした仕事を選べるのも派遣の魅力です。

派遣会社ではそれまでの経験を活かした職場を見つけられるようサポートします。

「英語力を活かした仕事をしたい」など自分の専門性を活かしたいと考えている場合、それに合わせた職場を選ぶことができます。

派遣会社に相談することが出来る

正社員や契約社員の場合、仕事上の悩みや不安を現場の上司に話すことには躊躇いがあるかもしれません。

派遣ならば、仕事の悩み事について派遣会社が相談にのってくれます。

さらに契約が満了した場合も派遣会社が新しい派遣先とあなたとの間に入ってサポートします。

また、派遣会社は長期的なキャリアプランを考えるお手伝いもします。

将来実現したいことを相談すれば、自分一人では考えつかなかったようなアイディアの提案もします。

未経験からでも始められる職種がある

「憧れている仕事があるけれど未経験から就職する方法が分からない」「自分に合った働き先が分からない」

そんな悩みを抱えている方いるのではないでしょうか。

派遣会社に相談することであなたにピッタリの働き方ができる可能性があります。

派遣のデメリット

派遣期間に上限がある

派遣で働き続けられる期間には3年の上限があります。

会社が派遣社員のキャリアアップの機会や自由を奪うことがないように、このような制限が設けられています。

本来は立場の弱い派遣社員を守るための決まりですが、長期的に派遣社員として働きたいと考えている方、

直接雇用によって生じる人件費という大きな固定費を抱えたくない企業にとっては不都合であるケースも多いようです。

派遣で働く場合は長くても3年までしか同じ職場にいられないこと、

平均的には半年~1.5年の間で仕事が変わる可能性があることを理解しておく必要があります。

期間満了の可能性がある

派遣期間が終わったあと、派遣先の仕事をずっと続けたくても契約更新されないケースがあります。

派遣の契約はおもに3ヶ月ごとか6ヶ月ごとになっていて、最長が3年間です。

契約期間が満了したとき、あなたの能力が評価されれば契約が更新されますが、力が発揮できなかったり、

企業が派遣社員を必要としない状況だったりすれば、そこで契約は終了となります。

スキルの有無で給与の差が大きい

エンジニアや薬剤師など専門職は給与が高いことも多いですが、特別なスキルや資格が必要ない場合はそれよりも低くなります。

一般的に経験者案件だと時給は「1,500円~4,000円」、未経験者案件だと時給「1,000円~1,500円」程度です。

高時給、好待遇の仕事は倍率も高く、未経験だと給与のよい仕事を見つけるのは難しいのが実情です。

始めは職種を固定せず、「一般事務」「受付」「テレフォンオペレーター」など、

未経験でも比較的就きやすい業務から経験し、「業界経験者」となるとその後の選択の幅が広がるかもしれません。

まずはあなたに合った求人を探すことがオススメ

派遣社員には、自由度が高い・さまざまな経験を積める・仕事を選ぶことができる・派遣会社に相談できるといった多くのメリットがあります。

特に、未経験で働きたい方や、アルバイトからスキルアップしたいという方、自分の希望にマッチした働き方をしたい方におすすめです。

まずは、自分に合った求人がないか調べることから始めましょう。

株式会社Visionで、あなたにピッタリの求人を見つけてください。

お気軽にお問い合わせください。076-464-6645受付時間 10:00 - 17:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。